フォトグラファー上田晃司の日記

kufoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

沖縄

c0158067_319393.jpg

たった今、南国?沖縄より戻りました。

25日から今日まで東京の悪い天気を避け4日間撮影に行っていました。

東京→沖縄は、フライト時間約2時間30分と想像以上に遠くてびっくりしました。
かるく、海外気分ですw

気温も26度近くあり日焼けに汗だく、、、と真冬の東京とは大違い、、、もう夏が始まってますね
東京は、一時雪が降ったようですが沖縄はもう半袖で十分でした。

完全に服を間違えて持っていってしまいました。w 同じ日本でもここまで違うとは、、、、

天気にも恵まれ、4日のうち2日半は晴れでした。(天気予報では2日間のみ晴れ予報。予報がはずれてよかったw)

美ら海の青い海、青い空、向日葵など綺麗な沖縄を撮影できました。 

また、時間ができたら行きたいと思ってます。
[PR]

by kufoto | 2009-02-28 23:59 | 撮影
2009年 02月 23日

足尾銅山(周辺)

昨日は、朝一でレンタカーを借りて足尾銅山方面へ行ってきました。
わたらせ渓谷鉄道の路線沿いで色々撮影しました。
意外と雪が降っていたのですこし焦りました(雪道の運転には慣れていません、、、w)

色々撮影していると最終的に廃墟を発見。立ち入り禁止でもなかったので、外からのぞいてみました。
特に「愛宕下」の社宅?民家?はなかなか見応えがありました。

昭和で時が止まっている感じです。

c0158067_5104160.jpg

場所によっては、ツタ?などに家が覆われていました↑
c0158067_5123686.jpg

「http://nikko-spot.com/」に詳しい足尾銅山の歴史が書いてあったので引用させてもらいます。
”足尾町は、まわりを大小の山々に囲まれた谷間の町です。銅が発見されるまでは、人里はなれたひっそりとした山村でした。
 こんな山の中にも、数千年前の縄文時代のころから人々が住みついていたそうです。時が流れて慶長15(1610)年、備前楯山で二人の男によって銅が発見されたと言われています。その後、江戸幕府直営の鉱山として大いに栄え、“足尾千軒”といわれる程、人家も建ちならびました。そして、足尾でとれた銅は日本中で使われたほか、遠く外国へも送られました。
 東照宮や江戸城、芝の増上寺、上野の寛永寺の屋根に使われたり、寛永通宝(足字銭)というお金にもなり、約2億枚が製造されました。
 しかし、しだいに銅があまりでなくなり、廃山のようになってしまいました。
 明治10(1877)年になって「古河市兵衛」が経営するようになりました。そして当時日本の鉱山としてはいちばん新しい技術や設備をとり入れたので、銅山は急速に発展し、我が国の産銅の約半分近くを生産し東洋一の銅山とよばれるようになりました。
 大正5(1916)年には人口も、38、428人に達し、県内では宇都宮市(5万8千余人)に次ぐにぎわいを見せました。
 しかし、戦争のために無計画に掘り出した結果、その後銅を思うように生産できなくなりました。
 そしてついに、400年近くも続いた「足尾銅山」も昭和48(1973)年2月に様々な大きな歴史を残して閉山となりました。” 
(http://nikko-spot.com/より引用)
c0158067_5155516.jpg

400年もの歴史があるんですね。

ちょうど廃墟に落ちていた新聞が、昭和48年3月16日になってました。
36年も前の新聞がまだあるとは、、、
c0158067_518693.jpg

こういう写真を撮るときに2000万画素オーバーのデジタル一眼レフが便利ですね。
新聞の文字が読めますw ちなみにD3Xで撮影。
c0158067_5183164.jpg

D3Xすごいな、、、、w 

とても、足尾銅山周辺に興味がわいたので、春になったら色々探してみようと思います。

帰りに、宇都宮で餃子を4人前食って帰りましたw 1人前200円と激安でおいしかったです。
c0158067_532121.jpg

[PR]

by kufoto | 2009-02-23 23:17 | 撮影
2009年 02月 20日

LEICA SUMMARON 35mm F2.8

久々の更新です。

LEICA SUMMARON 35mm F2.8が、はるばるカナダより到着しました。
レンズはライカM3用にメガネの付いているタイプです。
人気がないので安いのが特徴。w 円高の恩恵を受けてさらに安く購入しました。

早速、なんのためらいもなく分解してメガネを外しました。w

そして、ハンザのマウントアダプターを介してルミックス G1に装着。 なかなか良いですね〜〜
c0158067_1843362.jpg


早速近所でテストしてみました。
c0158067_18532879.jpg

50年も前のレンズなのでコントラストが低く発色もお世辞にも鮮やかとは言えない感じです。
でも、モノクロでは良い味を発揮してくれそうです。

まずは、時間のあるときに撮影に行ってみようと思います。そんな時に限って雨の予報です、、、
[PR]

by kufoto | 2009-02-20 18:55 | 機材
2009年 02月 09日

ハンザ LeicaM-M4/3 マウントアダプタ

c0158067_132539.jpg

予約していた「ハンザ Micro4/3用アダプタ」をM●Pカメラ新宿で入手しました!
待つこと約1ヶ月、待ったかいがありました。
c0158067_1341360.jpg

これでライカMレンズをパナソニック LUMIX G1に取り付け可能です。

このマウントアダプター相当人気があるようですね。(ある一部のユーザーにとってですがねw)
M●Pカメラの店員さんによるとこのマウントアダプター目当てにLUMIX G1を買うユーザーが多いそうですよ。

これで、MY ズミルクス 50mm F/1.4をG1に装着できます。
c0158067_2102965.jpg


G1に取り付けると、35mm判換算で約100mmです。 ちょっとスナップには長いですね、、、w でもF1.4ですよw
せめて21mmとか28mmが欲しいですが、高いですね、、、、 ツアイスのZM系ならどうにかなりそうですね。

ピント合わせは、当たり前ですがMFです。しかし、MFアシスト機能があるので問題ありません。
液晶が見やすいので拡大しなくても意外とピントが合います。

早速、試写してみました。あまり時間がなかったので駅で写しました。
c0158067_2112672.jpg

なかなか良いソフトな描写ですね。
c0158067_21237.jpg

[PR]

by kufoto | 2009-02-09 22:15 | 機材
2009年 02月 03日

Capture One 4.6.1

今日は、Capture One Proを3.7.9から4.6.1にアップデートしてみました。
c0158067_183551.jpg


MACはフォルダーにアプリを投げるだけの簡単インストール!この方法楽で好きですw
c0158067_191281.jpg

公開から少し時間が経っているCapture One 4.6.1ですが、日本語Ver.はまだのようですね。
アップデート内容は、「-基本性能(現像、閲覧、フォルダー参照、カラーエディター)の向上

-カメラコントロール 連結撮影時にリモートでカメラ設定(プログラム、シャッター、絞り、EV値)の変更が可能(フェーズワンカメラ、一部カメラバックとの組み合わせのみ可能)

-オリジナルのワークスペースを設定可能 独自のワークスペースを設定(PRO/DB MACのみ)

-ニコンカメラ使用での連結撮影
以上、Phase one webより引用

いろいろとアップデートされてるようですね。

特にニコンカメラとの連結撮影ができるのはうれしいですね。今度、NIKONの Camera Control Proと使いくらべてみようと思います。

ですが、Capture One Pro 3.7.9と比べると明らかにヘビーなソフトになっています。
うちのMACが悲鳴を上げていますw Mac book pro初期モデルのCore Duo 2.0Mhz メモリー2GBでは辛いです。 
今月か来月には買い換え決定ですね.... 今にも壊れそうですし、液晶のバックライトが測色不能なくらい暗いですし、、、、w

インターフェースの色も今時?のグレーと黒になってますしね。3.7.9と比べと別のソフトみたいです。w

C1[4.6.1]
c0158067_16396.jpg

C1[3.7.9]
c0158067_161635.jpg


RAW現像のインターフェースがけっこう増えているので、画像の微調整が可能です。
モアレ除去やレンズディストーションの補正など色々搭載してます。

このソフトがさくさく動くMACが欲しい、今日この頃ですw
[PR]

by kufoto | 2009-02-03 23:05 | 機材